BMW M5


Wikipediaより

BMWのスポーツモデルとして知られているMシリーズ、いろいろなモデルをベースにして作られているのですが、5シリーズをベースにしたものがM5です。

M5は1982年に作られた2代目5シリーズの時からずっと作り続けられている歴史の長い車で、今までにも400psや507psなどというとんでもないパワーを持ったエンジンが搭載されてきました。

そして2010年に6代目5シリーズが登場してから約一年後にこの新型5シリーズを使って作られたM5が発売されました。

今度のエンジンは560ps、550iに搭載されている4.4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを更にチューンアップして作られたエンジンは、550iの407psをはるかに上回る560psをたたき出したのです。

トルクも69.3kgf・mというとてつもない大トルクを1500rpmから発生させているので、日本の都心部ではそれこそほとんどアクセルペダルを踏まなくても走れてしまうぐらいなのです。

トランスミッションは残念ながらマニュアルトランスミッションの設定はなく7速DCTだけとなっているのですが、このトランスミッションもMテクニックによってチューニングされています。

逆にいえばこれだけの大パワーを持つ車をマニュアルトランスミッションで運転するにはそれなりの経験やテクニックが必要になるので、そういった安全面のことを考えてDCTだけになっているものと思われます。

価格も1495万円と超弩級でそう簡単に買えるものではありませんが、中古なら一般庶民でも何とか買えるかもしれません。