BMW M135i

BMWの最小モデルである1シリーズに設けられているスポーツモデルがM135です。

このモデルは1シリーズのボディにBMWが大好きな直列6気筒DOHCエンジンとターボチャージャーを搭載したもので、排気量もほかの1シリーズとはけた違いな3リッターとなっています。

パワースペックは320psとかなり強烈でこの小さなボディでこのパワーを持つということは相当過激な車になっているということを表しています。

このM135では8速多段式ATほかに走りをもっと楽しめる6速マニュアルトランスミッションも選べるので過激な走りが好きな方は購入候補に入れてみてはどうでしょうか。

ただ、過激な車ほど価格も過激なものとなり、116iが最高で約358万円、120iが約419万円で販売されているところ、このM135は556万円とずば抜けて高額な車となっています。

見た目的には200万円ぐらいで買える国産の5ドアハッチバックモデルと変わりはないのですが、そこに300psオーバーのエンジンを搭載した車をはたして500万円以上で買う価値があるのでしょうか?

それにこの車は車名の先頭にMの文字が入っていますが、BMW Mでチューニングされた車ではなく、Mテクニックのパーツが使われているだけのドレスアップモデルです。

ちょっとややこしいですが、標準モデルの一つのグレードにしか過ぎないのです。